noniのほのぼのな生活

日々過ごしているときの中で...

Hello World

ガジェットや、本、文房具など色々なことについて書いています

人工知能に職を奪われるとかなんとか

最近色々人工知能の本を読んでいて思ったことを書いていこうと思います。

 

とりあえず今回は人工知能に職を奪われるとかなんとかっていうことを書いていこうと思います。個人的な考えなので、そんな考え方があるのか......とか思ってください。

 

私の意見は、奪われればいいと思います!

いや、身も蓋もないですが。

 

これまでも色々な職業が人からロボットに変わっています。例えば工場のライン作業とかですね。ロボットは人間と違い、決まった作業を間違えなくしてくれ、その上人件費が入りません。必要なのは、電源とロボットのメンテナンス。これだけで24時間ずっと働き続けることができます。明らかに、人間より優れております。

 

このようになって来ると、ラインの工場で働いていた人の職は失われるわけです。

しかしですね、そうなることで今よりももっとロボットのメンテナンス関係の人が必要になるわけです。(なんか質量保存の法則みたい)

いずれ、ロボットがメンテナンスが必要で無くなる時(ロボットが自分でメンテナンスまでするなど)ほど技術が進歩した場合は、このメンテナンス関係の仕事がなくなっていくことになりますが、その時代になるまではまだまだ時間がかかりそうです。

 

ところでなぜ仕事を失うのに人はロボットを作っていくのか。そんなに職を奪われたくないのならば、作らなくていいのに。私は、人間が楽するためにロボットが変わって嫌な仕事をしてもらいたいがために作っているんだと思います。嫌な仕事はロボットに任せて人間は他のことをしよう!

 

そして一番人工知能の本を読んで考えたことはというか、思ったことが一つ。

人工知能は色々な可能性が秘められていますが、どうしても可能性同様、色々な問題があるわけです。その一つも今回の題材の「職を失う」。

こんなことを考えている時、ある言葉が頭の中をよぎりました。

 

「悩むなら なってから悩みなさい」

これは漫画「宇宙兄弟」の登場人物、金子・シャロンの言葉です。

まあ意味は違ってきますが。

「悩むなら、実際に人工知能、ロボットを使い始めてから悩みなさい」って感じ。

実際に使い始めてからじゃないとわからない問題もあるかもしれないですし。もし使い始めて悪くなってしまったらやめればいいし、改良を加えて使えるようにする。良ければそれは科学の進歩になる。

実際はこんな簡単なことじゃないかもしれません。しかし実装していくことに価値はあると思います。

 

 

と、こんな感じを書いていきましたがどうでしたでしょうか。

もしよければ、感想、私はこんな考えを持っているとかあれば、気軽に言ってください。待っています!

図書館っていいですね

最近、県立の図書館に通うようになりました。

 

これまでは学校の本だけでしたが、どうにも古い本しかなく読みたい本が少なかったため、県立の図書館に。

 

学校の図書館みたいだったらどうしようかと初めは不安だったが、言って見るとすごい!2017年発売の最新の本まであるじゃないですか!読みたかった本まである!

 

最高でした。これからは積極的に図書館を活用しようと思いました。

 

 

映画SAOを見て

今更ですが、SAOの映画見に行ってきました!

テストとか、友達の用事とかで行けなかったのですが、なんとか行くことができました。(入場特典が本だったのが嬉しい)

 

で、今回は見た感想を書いていきたいと思います!

 

あらすじ

時代は2026年。

VRマシン(ナーウギア)のような(アミュスフィア)が発売された。

それらに対抗するかように、ARマシン(オーグマー)が発売された。(オーグマー)は、ゲーム・テレビ・ネット・マップなどいろいろな便利な機能を搭載されたウェアラブル・マルチデバイスであり、その利便性から、瞬く間に普及していった。

そして、この(オーグマー)の人気を生み出したのが、オーグマー専用ARMMORPG(オーディナル・スケール)。

アスナたちも参戦し始めるが、(オーディナル・スケール)にはある陰謀が隠されており......

 

 

見どころ

ストーリーも素晴らしいのですが、とにかくあの世界のテクノロジーがすごい!

(オーグマー)だけでなく、いろんなところにドローンが飛んでいたり、人工知能があたかも人間みたいに歌ったり、踊ったり......といろんなところに現在ではまだできていないところに魅されました!

この話で理系の人増えそうだなぁ〜

 

次に、ARゲームならではの難しさにキリトが立ち向かうところです。

ARでは、現実の体を動かさなくてはならなくなるので超人的な動きができなくなるなかで、英雄黒の剣士はどう挑むのかっていうところもみどころですね

 

感想

とにかく面白く、最後のあたりは泣きながら見ていたのですが、ストーリーはネタバレになりかねないので、控えておきましょう。まだ見ていない人もいると思いますし。

 

まず見どころでも書きましたが、テクノロジー感。

2026年にはこの世界は作られているのでしょうか?

(オーグマー)が普及されて、ユナみたいな人工知能がいるのでしょうか?

そんな未来への期待がすごくなります!

 

次にこの前ゆいかおりのライブに代々木第一体育館や、明治神宫に行く機会があったのですが、その場所が作品中に出てきて超テンションが上がりました。

自分が行ったことがある場所が作品に出てくると、「あ!あそこ行ったことがある!」「懐かしいな〜」とかいろいろと思うところがありますよね!

 

他には、やっぱり映画館。音がいい!

剣と剣がぶつかりあった音、モンスターの叫び声とか迫力がありました。映画館でしか体感できないことですね!

 

もしまだ見に行けていないって人は絶対見たほうがいいと思う作品だと思います!

あと見る前には、YouTubeで公開されている、映画のイベント映像を見てからのほうが楽しめそうです!

youtu.be

 

では、今回はこれぐらいで終わりたいと思います。

ではまた!

 

ラノベを読むことについて

ラノベ

 

それは、ライトノベルの略称でありウィキペディアでは

 

 ライトノベルの定義に関してはさまざまな考え方があり、業界内でも明確な基準は確立されていない。日経BP社ライトノベル完全読本』においては「表紙や挿絵にアニメ調のイラスト(≒萌え絵)を多用している若年層向けの小説」とされている。また榎本秋は自身の著書における定義として「中学生〜高校生という主なターゲットにおいて読みやすく書かれた娯楽小説」としている。あるいは「青年期の読者を対象とし、作中人物を漫画やアニメーションを想起させる『キャラクター』として構築したうえで、それに合わせたイラストを添えて刊行される小説群」とするものもある。

 

と書かれています。

 

私はラノベを「文学的表現よりも、娯楽、厨二的要素、萌えを重点的に置いた書籍」だと考えています。

 

まあ、ラノベの紹介はこのぐらいにしてなぜ今回このようなことを書こうと思ったのか、野尻介抱氏のラノベ反対のツイートを見て私は他の意見を持っており、読むべきだと思っていたからです。もちろん他のジャンルも読むべきだと思いますが。

 

それには幾つかの意見があるので、紹介していこうと思います。

 

本を読む習慣がつく 

 これは私の友人を見て思ったことです。

 

その友人は、それまで小説を読むことが考えられないというぐらい読書嫌いな友人でした。

 

その友人と仲が良かったのでアニメを紹介したりしていたのです。

 

ある日その友人がある作品にどハマりしました。その作品は『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』でした。

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)
 

 

アニメを一気に見て、グッズを買い漁り、それでも物足りなかった友人は、ついにラノベに手を出します。(全巻大人買いしてました)

 

始めは小説を読むのが苦手だったため、なかなか読めていませんでした。

一巻一週間ぐらいかかっていたでしょうか。

 

しかし、日を重ねるごとに、巻を重ねるごとに、作品を重ねるごとに小説を読むのが嫌いだったのが、好きになっていき、読むスピードも早くなっていきました。

 

ラノベは、比較的表現が簡単で、読むことに疲れにくいので本を読むことに慣れさせるにはとても良いのです。

 

そして、漫画みたいなおもしろさがあるので、次の巻が読みたい、あの作品が読みたいという気持ちから、本を読む習慣がつくのです。

 

 

 科学技術への興味を持つ

皆さんはソード・アート・オンラインという作品は知っているでしょうか?

最近映画化もして、アニメの三期制作の決定もした超がつくほど人気な作品です。

大学の授業にも使われたという話も聞いたことがあります。

f:id:miochantaichou:20160211112031j:plain

 

どんな話なのかと言うと、

VRMMO(Virtual Reality Massively Multiplayer Online 仮想実現大規模多人数オンラインゲームの略)の中に主人公たちが閉じ込められてしまいます。

 

「ゲームの死=現実の死」の世界で生きて現実に戻るためには、ゲームをすべて攻略していくしかない。

 

主人公たちは生きて現実世界に戻ることはできるのか!?

 

というものです(かなりざっくりしていますが)

 

注目すべきは VRMMOというところです。この世界では、PSVRのような仮想現実を見るだけのゲームではなく、体の感覚まで仮想世界につながるフルダイブ型の仮想現実のゲームで、とても興味を惹かれます。

 

その端末やゲームを作りたくて大学に行ったりする人がいるとか。

 

こういった科学技術に興味を持てたりするのも、ラノベの良いところなのではないでしょうか。

 

 

 

友達が増える 

 実際に私がそうでした。

 

ラノベを読むまでは、無理して友達の輪に入っていこうとしてました。

 

輪の中にいることはあっても、本当の友達みたいな人はいませんでした。

その時は(も?)内気な少年で、休みの日は一人でゲームといった寂しい生活をし、あまり友達とは遊んでいなかったです。なんだか合わなくって。

 

しかし、ラノベを読み始めて友達が増えました。驚きです!

 

同じ作品を読んで感想を語り合ったり、違う作品を買い、友達に紹介したりされたり。

 

 そういった同じ趣味の友だちが増えていき、前よりかは楽しく暮らしています!

 

 

 

ラノベとか、アニメはあまり良くないっていう人もいますが、アニメやラノベから夢や興味などが生まれるかもしれません。

悪いところもあるかもしれませんが、いいこともあるのです!

必ず何かにはデメリットが有り、メリットが有る。そんなものです。

 

何かを頑なに否定し続けるのでなく、いいところは取り入れていくべきだと考えております。

 

結局のところ何が言いたかったのかというと、

小説もラノベも読むべきだ!

ということですね!

 

 

今回はこれまでにしましょう!

ではまた!

 

下におすすめのラノベのURL貼っておきます。もしよければどうぞ!

 

 

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

 

 

 

魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)

 

 

万年筆こそ最高の筆記用具だ!

お久しぶりです!

 

今回は筆記用具の王様である万年筆について書いていこうと思います!

f:id:miochantaichou:20170202013612j:plain

 

 

万年筆の良さは次の4つ

  • 滑らかな書き味
  • 書いていて疲れない
  • コスパの良さ
  • 高級感漂う見た目

 だと思っています

 

では早速書いていきましょう!

 

 

滑らかな書き味

万年筆の醍醐味はこの書き味!

 

ペン先が紙に触れるだけで、文字が書けてしまうのです!

 

ペン先が紙に引っかかるような感覚もありませんので、さらさら〜と書けます

 

 

書いていて疲れない

αゲルのようなプニプニしたグリップは万年筆にはありませんが、万年筆にも書いていて疲れない秘訣が隠されているのです

 

それは上で書いた書き味です!

 

万年筆というものは、ペン先が紙に触れただけで書けてしまうのです。

 

ということは、シャーペンやボールペンのようにペン先を紙に押し付けるような力などが要らないので、疲れにくいのです!

 

万年筆を買って書き始めると、シャーペンのように書いてしまい紙に引っかかってしまい、書きづらかったり、疲れてしまったりしました。

 

しかし使い始めて慣れてくると、これまで使いづらかったのが嘘みたいにさらさら〜と書けるようになりました!

 

これはシャーペンやボールペンにはない魅力ですね!

 

 

コスパの良さ

万年筆って高価そうだし、インクにもお金がかかるんでしょ〜と思う方もいるかもしれません。(実際私もはじめは思っていました)

 

しかし、使っていくにつれてそんな考えが杞憂だということがわかりました。

 

それはインクの値段です。

 

ものすごい安いものではカートリッジ式で10本入りで300円、ボトルインクで500円くらいで買えるのです。(ちなみにシャーペンの芯は200円ぐらい)

 

そしてかなり長い期間使えるのです。

 

まさにコスパ最高ですね

 

高級感漂う見た目 

やっぱりかっこいいっすよね〜

 

かっこいいと使っているとモチベーションがすごい上がるし、持っているだけで頭が良くなった気がします。

 

華美なものから、シンプルなものまである万年筆。最高ですよね!

 

私が使っているLAMYの万年筆もシンプルながら高級感があって、気に入って買ったんですよ〜!

 

 

 最後に

万年筆は書いていて、とても楽しい素晴らしい筆記用具です!

 

しかし、高価だったり、必要でなかったりして敷居が高かったりしてお手にすることが少ないと思います。

 

もし、この記事を読んで「万年筆って意外と良いのかも」と思ったお方!

 

思い切って一本買ってみてください!

 

買ってみると、世界が広がりますよ!

 

以上、今回のブログでした!

(下に初心者のお方にオススメの万年筆のURLを貼っておきます。もしよければ参考にしてください)

 

 

 

 

 

パイロット 万年筆 コクーン チタン 細字 FCO-3SR-TI-F

パイロット 万年筆 コクーン チタン 細字 FCO-3SR-TI-F

 

 

 

LAMY ラミー 万年筆 ペン先EF(極細字) サファリ ブラック L17-EF 両用式 コンバーター別売 正規輸入品

LAMY ラミー 万年筆 ペン先EF(極細字) サファリ ブラック L17-EF 両用式 コンバーター別売 正規輸入品

 

 

 

PARKERボトルインク ブルーBK 19 50378

PARKERボトルインク ブルーBK 19 50378

 

 

 

プラチナ カートリッジインク 10個入り ブラック SPSQ-400#1

プラチナ カートリッジインク 10個入り ブラック SPSQ-400#1

 

 

MR(Mixed reality 複合現実)について

PSVRついに発売されましたね!

 

私は買えてはいないのですが、TwitterのTLを見ているとPSVRの話題で持ちきり...

正直言ってとても羨ましいです

 

これからVRは普及していき、より一層身近なものになっていくと思います。だって未来感すごいもん!

 

しかし、まだ楽しみなものがあるのが現実!VRの他に心が踊る、弾む、熱くなるような技術がまだまだあるのです!

 

なので今回は私が気になっている最先端技術を紹介していきます

 

それはこちら!

 

MR

 AR、VRに続いてくるのはMRだと思います

ARはポケモンGoのようなカメラなどを通して私たちに見せる現実(追加現実)で、VRはPSVRなどのような仮想現実ので、MRというのは、mixed reality つまり、複合現実のことを指します。

複合現実とは仮想世界と、現実世界を合体させた世界のことです。つまりカオス!

 

この世界では、現実の風景にコンピュータの画像や映像を表示することができます。しかし、 ARとは違うのは、ARは現実の風景に上書きする、つまり主軸を現実の世界に置くのに対して、MRは現実世界と仮想世界が混ざり合ってリアルタイムに表示されている感じ。現実世界に表示される仮想世界のCGに触れたりすることができるところがARと違うわけです。

 

今ではキャノンの「MREAL System」やMicrosoftの「HoloLens」があり、あまり普及されているという感じではありませんね。でも確実に進歩しているのは間違いありません

 

調べていて特に気になったのはMicrosoftの「HoloLens」。

 

他のVR機器に比べてめちゃくちゃスマートな見た目に対し中身が本当にすごい。現実とホログラムの見極めがむすがしくなってくると思いました。価格は約40万。すごい高い。

 

それと同時にアニメ「Psycho-pass」に出てきたあの腕時計型デバイス(ボタンを押したらホログラムが出てくるやつ)とかそういうホログラムが世界に馴染むというか、当たり前に存在する世界になっていくような予感がしました。

 

 

感想

今回はMRについて興味が湧き調べていくと同時に、こういう風にブログを書いてみました。意外とありですね。

なんと言ってもブログに書くのでだんだん調べていくし、調べていくうちに詳しくなっていく。そしてブログも更新できる...まさに一石二鳥。

なにより今回気になったのは、やっぱり「HoloLens」ですね。操作するのにジェスチャや音声を使っているところに未来感を感じました。

 

これからもこんな感じて技術などを紹介していけたらと思っています

ということで今回はこれまで!

お読みいただきありごとうございました!

 

↓HoloLensのAmazonページです

 

 

祝!2000PV!

ついにアクセス数が2000PVを超えることができました!

 

気づいたらもう52件も記事を書いており、あっという間でした

 

これからも不定期ですが、更新をしていこうと思っておりますのでこれからも宜しくお願いします。